ホルモン焼き通販専門サイト。完全手洗いによって下処理された生モツのみを使用したホルモン料理「みのり焼き」を全国発送!

  1. 焼肉居酒屋みのりHOME
  2. みのり焼き活用法
ブログ内検索
みのりの鉄板

20080427-1.jpg

みのりの鉄板
みのりのオリジナル鉄板です。
3mmの鉄板を使用しているので、熱でよじれることがありません。
鉄板は手入れが大変ですが、フライパンと違って香ばしく美味しく調理を行うことができます。

みのり焼きはもちろん、野菜炒め、焼きそば、お好み焼きなど、この鉄板を使った料理は工夫次第で無限大。



鉄板の活用法
鉄板の活用法
▲実店舗の香ばしいホルモン焼きをご家庭で楽しむことができます。 ▲店舗で使用している鉄板よりも深めに作ってありますので、野菜のトッピングにも使いやすいです。
鉄板の活用法
鉄板の活用法
▲フライパンでは香ばしくできない野菜炒めも、この鉄板なら水分が上手く蒸発するので、香ばしくできます。 ▲お皿に盛り付けなくても、アツアツのまま食卓に並べることができます。
鉄板の活用法
鉄板の活用法
▲卓上コンロを使って、みのり焼きバーベキューも楽しいですよ。 ▲市販のバーベキューセットの網の上で、焼きそばも作れます。



鉄板全体
みのりオリジナルロゴ
▲実店舗で40年間使用しているものと同じ作りです。 ▲みのりオリジナルのロゴが刻まれています
手作りの鉄板
手作りの鉄板
▲1枚1枚が手作りなので、溶接の跡や削り跡が残った味のある仕上がり。 ▲左右についた持手も1つ1つが手作り。
溶接した後に角は丸く削られています。
 




鉄板の手入れ
鉄板の手入れ
▲使用後の鉄板は、金ブラシで洗ってください。
こびりついた焦げは、しばらく水に浸すと浮いて落としやすくなります。
この鉄板は鉄製ですので、水分のふき取りがあまいと錆びます。
使用後の保管は、水分をしっかりとふき取った後に、新聞紙などで巻いて行ってください。
もしも錆びてしまったら、金ブラシで強く擦って落としてください。


みのり鉄板は愛情を込めないと錆びてしまいます。
しかし、この鉄板を使った料理は、他で作ったものよりも美味しく、愛情のこもった料理ができるのです。





■オリジナル鉄板ご注文フォーム

みのりオリジナル鉄板

ご家庭で店舗と同じ味を楽しめます
価格 4.000円
枚  
商品情報
■大きさ:外寸18×24 底面13×20 深さ3.5 鉄板厚3.2mm
[備  考] 電磁調理器ではお使いいただけません。錆びやすいので水分をよくふき取るなど管理をお願いします。手作りですので削り後などがあります。ご使用後の返品はお受けできません。

残ったみのり焼を美味しく調理するコツ

20080205-1.jpg


食べ残した
みのり焼
新しく切った
タマネギ(1玉)
30cmほどの
フライパン
みのり焼専用
「秘伝のタレ」
辛味味噌
(お好みで)



ちょっとまった!
食べ切れなかったみのり焼を捨てないで!


●みのり焼1袋は1〜2人前、とはいっても夕飯のおかずの一品として用意すれば残ってしまうこともあります。
残ってしまったみのり焼を残飯として捨ててしまわずに、次回も美味しく調理しませんか?

調理次第ではホルモンの美味しさがしみた美味しい一品に生まれ変わります。


材料
・食べ残しのみのり焼
・タマネギ(みのり焼の量に応じて(半〜1玉)
・みのり焼専用「秘伝のタレ」
・お好みで辛味味噌(豆板醤やコチジュンなど)

調理法
1、食べ残してしまったみのり焼を、器に盛り、ラップをして冷蔵保存します。(保存できる期間は最終調理日より1週間程度)

2、<食べる日>
タマネギを、残ったみのり焼に応じて半分〜1玉程度切ります。

3、保存しておいたみのり焼と、タマネギをフライパンに広げます。(火力中火

4、量に応じて水を入れましょう。
(みのり焼250g程度とタマネギ半分で50cc程度)

5、水分がフライパン内に行き渡るようにかき混ぜます(火力中火

6、タマネギを新しく加えるので、味の調節に「秘伝のタレ」を入れます。

7、みのり焼、タマネギ、タレのそれぞれがよく混ざるように、こまめにかき混ぜます。(火力強火
お好みで辛味(コチジャン)などを加えてもいいですね。

8、水分が蒸発し、タマネギに火が通ったようでしたら火を止めて、皿に盛り付けて出来上がり。


このようなちょっとしたコツで、食べ残しのみのり焼が再度美味しく生まれ変わりました。
味のしみたタマネギの味わいと、新しく加えたタマネギのシャキシャキ感もいいですね。 これで夕飯のおかずに一品加えることができちゃいます。












春のトッピング

夏のトッピング

秋のトッピング

冬のトッピング

年中のトッピング




みのり焼調理方法

20071216-1.jpg



30cmほどの
フライパン
みのり焼き
ニンニク1欠片
(お好みで)
ニンニクをおろす
おろし金
辛味味噌
(お好みで)

■調理方法を動画で紹介




「みのり焼」を美味しくお召し上がりいただくための調理方法をお教えします。

●みのり焼はちょっと贅沢な味付けホルモン料理。
調理方法は簡単ですが、焼き加減が微妙です。こちらの説明で、少しでもみのり焼を美味しく食べていただければと思います。

材料
・みのり焼500g
・30cmほどのフライパン
・ニンニク(お好みで)予めニンニク1欠片を同封しております。
・ニンニクを摩り下ろす「おろし金」
・お好みで辛味味噌や七味唐辛子など香辛料

調理法
1、フライパンに「みのり焼」を広げます。【油不要】

みのり焼は豚の生ホルモンを使用しております。白い部分は、生ホルモンだから残せる「豚の脂」です。仕込みの際に、美味しいところだけを残し、いらない脂は取り除いていますので、そのまま調理してください。脂は調理中に溶けてしまいます。

2、【強火】で炒めます。
  周りがブクブクしてきましたら、上下左右にこまめにかき混ぜてください。

3、湯気と一緒に食欲をそそる香りが立ち上ってきますね。ホルモンとタマネギの色が茶色にかわってきます。

4、ホルモンが丸くなり始めたらもう少し。

5、フライパンの中の水分が少なくなってきたら、一度火を【弱火】にし、お好みでニンニクをすりおろします。
  その後火を【中火】にして 更にかき混ぜてください。

6、水分が無くなり、ホルモンに火が通ったようでしたら【火を消して】出来上がりです。


ここまでの調理時間およそ10分。
さっと調理ができてしまいますので、調理中は目を離さずによくかき混ぜながら調理を進めてください。










 みのり焼情報コーナー
─────────────────────────────────














春のトッピング

夏のトッピング

秋のトッピング

冬のトッピング

年中のトッピング




このページトップに戻る